第69回展 作品一覧

第69回新興展

クリックで大きな画像が表示されます。

テーマ作品 テーマ:月

1部

湖畔の月 

飛澤龍神

寧日の暮れかぬる空ありにけり    

句:松浦靖子

初秋の月

安食孫四郎

月白や庭木の影も重なりて

句:佐藤博子

月と私

吉久保絢子 

繊月やひとの運命の変えがたく

句:井坂宏

月夜    

石岡かつ子 

女人高野の塔くっきりと望の月

句:川村洋子

岩田令子

一葉も見し十六夜を吾もみむ

句:小嶋弥生

鏡花水月

白石繁馬 

湖ひそと光り十六夜と深くゐる

句:中田たみお

残月

上田広

錦繍を脱ぎし嬬娥の素肌かな

句:高橋薫

朧月

常陸美智子

春満月羞らふごとく紅仄か

句:杉崎邦子

卓上の月

木内英文

月光や華やいでゐる夜半の街

句:杉山良子

月あかり

戸﨑靖子

悠久の水の流れや月おぼろ

句:高杉桂子

月あかり

佐藤壽子

旅人も駱駝も仰ぐ星月夜

句:佐藤一星

改元の年3月 星月夜

浜中利夫

満月の夜に見る夢にある不安

句:井坂宏

フルムーン筑波

冨田四郎

満月を仰げば心円くなる

句:古郡孝之

白い月

上妻静枝

村雨の上がりて淡き夏の月

句:佐藤一星 

おわら風の盆

山田由子

いくたびも月にのけぞり風の盆

句:古郡孝之

慈空

小松志津江

観世音の大笑面や夏の月

句:高橋薫

枯蓮池       

長尾としお

凩や水面に映ゆる月砕く

句:菊池熱海

左近の桜

鯉渕信子

春月を挙げて万朶の大樹かな

句:高杉桂子

月とマエストラ

角本邦久

混沌の世ゆゑ静寂音と花と

句:羽鳥つねを

春月

田口昭三

朧夜の虚空に重みある如し

句:松浦靖子

皇女拱手

山内規雄

残酷な愛のありやう二日月

句:永野宙

まどろみ

川里智子

テーマ:月

独り居の神籠る頃後の月

句:山口みはる

花月夜 

茅根光枝

テーマ:月

月の精呼びよす丘の木々の霊

句:羽鳥つねを

2部

森の月夜

中村勝代

テーマ:月

精霊も寝静まりたる星月夜

句:村田由美子

月に桜

中井緋紗子  

テーマ:月

紅しだれ百花繚乱華やげる

句:大高霧海

星月花

古谷千恵子

テーマ:月

夜汽車行くイーハトーブの星月夜

句:菊池惠海

いのり

森田文子

テーマ:月

誘ふは月のおぼろと夜の風

句:武田喜代子

花と月

和島裕子

テーマ:月

月白や華燭の卓の銀食器

句:千葉日出代

お問い合わせはこちらからどうぞ